アジスロマイシンを服用しているときはアルコールは服用してもいいのでしょうか。薬を飲んでいるときは基本的には飲酒はしないほうがいいと言われていますが、どうなのでしょうか。ここでは見ていきたいと思います。

注射をしないと言う医師のイメージ イラスト

飲酒してはいけない

アジスロマイシンを服用しているときは飲酒は控えたほうがいいでしょう。その理由はアジスロマイシンの成分が体の中に残っている時間に、アルコールを飲むと耐性菌ができてしまうリスクが高まるからです。

アジスロマイシンの効果をしっかりと発揮させたいと思っていたら血中濃度を高める事が大事ですが、アルコールを飲むことで血液の中にはアルコールも入ってきますから、成分の濃度が下がってしまうのです。

それによって原因となる菌の攻撃が強まって耐性菌ができるでしょう。また肝臓に対しての負担も大きくなるというデメリットがあります。

アジスロマイシンを飲んでいるときに薬を飲むことそのものは影響はないかも知れないのですが併用してしまうとどちらかのみ摂取している時と比較すると肝臓への負担も大きくなるのです。

どうしてもアルコールを飲まなければいけないときは

どうしても人によっては付き合いなどでお酒を飲まなければいけないことがあるかと思います。その場合はお酒を飲む2時間ほど前にアジスロマイシンを飲むことが大事です。

その上でアルコールの量もできるだけ控えて、最低限の量だけを飲むようにしましょう。それが血中濃度を下げないことにつながりますので、2時間前に服用する事、アルコールは最小限にするということをしっかりと理解しておきましょう。

アルコールは付き合いなどで服用しなければいけないケースもありますので、避けられないこともあります。しかし飲むタイミングによっては体に大きな影響を与える事もありますので注意が必要なのです。