夫婦の問題も占いに聞いてみよう

世の中には幸せそうに見えて実際はそうでもない様な家庭が沢山あります。もの凄く仲良さそうに見えた夫婦がいきなり離婚をしてしまう事だってあるでしょう。

逆に今にも離婚してしまいそうな夫婦がいきなり仲良しになってしまったりする事もあるようです。この様に夫婦のことは夫婦にしかわからない事も沢山あるという事です。

いくら奥さんが夫婦関係に悩み今のままでは・・・という気持ちから努力をしたところで相手の旦那さんが何も関心を示さなければ努力も報われません。

「もしかしたら家も離婚の危機かもしれない」と一瞬でも不安に思ったら電話占いをしてみましょう。鑑定料金も低価格でいつでも利用することができます。
頭をかかえるカップル
自宅にいながらでも鑑定を依頼する事ができますのでご近所にウワサされてしまう事もないでしょう。奥さんからしたら近所に離婚や旦那さんとの不仲で占いに行っているなんて知られてしまったらいいウワサの的です。

そんな事には絶対にならない状況の中で相談をすることができますので是非試してみて下さい。男性の利用者も年々増えてきています。

なので男性にも気軽に鑑定を依頼してもらいたいと思います。女性には無い男性独特の悩みもありますよね。家族だからこそ相談する事ができない判断などを託してみるのも良いと思います。

タロット占いをするときは

以前「タロット占い」に興味をもっていた時期があり、自分のことや友人のこと、好きな人のことなど、様々なことをタロットカードで占っていました。

そのカードはあまり本格的なものではなく、どちらかといえば「遊び」として使えるようなものでしたが、占いの結果がピタッと当たることも多かったので、なんとなく私はそのカードが気に入っていました。

ただ、そうやって気に入っていたわりには、収納方法などのカードの扱い方が少しぞんざいだったように思います。最近になりようやく知ったのですが、タロットカードを扱う際には、『浄化』という作業が必要なんですね。

例えば何かのネガティブな内容について占ったり、悲しみや苦しみといった感情を抱えたままタロットを切ると、カードに悪い「気」が溜まってしまうのだそうです。
タロット占い
そうした悪い「気」や、ネガティブな想念などをカードに残したままでいると、どんな占いをしても良くないカードばかりが出てきてしまったりもするとのこと。

タロットカードの浄化方法には、日光や月光に当てる、お香の煙やセージの葉の煙でカードを一枚ずつ燻す、塩水で洗った水晶をのせておく、といった方法があるんですね。

いくら遊びとはいえ、タロットカードには自分のさまざまな強い想念を託すわけですから、何もケアせずにぞんざいに扱ってしまっては確かに可哀相。

タロットカードに頻繁に触れる場合には、きちんとケアをして、「ありがとう」と労わってあげなきゃいけないなと思います。

霊感タロットとはどんなもの?

タロットカード
タロットカードを買って毎日の様に占っています。タロットカードは他にも霊感タロットというものもありますが、私は霊感が無いので、霊感タロットなら霊感を持っている占い師さんにお願いしています。

何故、占い師さんも普通の人なのに霊感タロットを使えるのかというと、リーデイングと呼ばれるものでカードを読み取るのがベテランだからです。

基本的にタロットカードは誰でも出来ますし、誰でも思った事がそのまま出て来ます。それは偶然は必然であるように、無意識で出るものなのです。

自分の考えていた事が出るのではなくて自分が無意識にそう思っている事が出るので不思議ですがタロットカードは誰でも出ます。

それが偶然無意識で出たものを、出たカードの配置や、並び方、出方で読み取るので、その並びならこうだとかが全て違うそうなのです。

この上にこのカードが出ていたらこうだったのにこんなところにこのカードがここに来ているので結果はこうだという読み取りが全部出来るからです。

タロットカードは全部で78枚あって大アルカナのカードが22枚と小アルカナのカードが56枚もあります。全て絵柄が違い、そして正位置と逆位置と言ってカードの出た向きによっても違うので意味を156枚も把握しないといけないです。

それに加えて並びや位置などをリーデイングするのでまさしく霊感と言っても良いとおもいます。本当に霊感が強い方が多くてそれで確実に出せる方も多くいます。

歴史のある占い

人生では、大事な決断や行動、それらのタイミングに迷うことがあります。今、どう行動するのか?今、どう考えれば良いのか?など。
壁にハテナ
そんなときにおすすめなのが、易占いです。中国の易経という儒教の書物をベースとしていますが、易経は国を治める道、宇宙や人の道を書いたものだといわれ、中国では政治に使われ、日本でも昔から研究され、現代でも政治家や経営者などの世の中のリーダーとなる人たちが活用しています。

易占いでは、50本もの筮竹や算木、コインやサイコロなどを用いて占います。また、簡易的には、易のそれぞれの卦と爻(かとこう)のメッセージが書かれた本を直感で開き、そのメッセージを読むというようなものもあります。

日々、易占いを活用するには、本を開くだけでも十分必要なメッセージがわかります。卦は、自分が置かれている状況を表し、爻は、その状況の対処の仕方を表しています。

今は、インターネットでも簡単に占いができますので、普段はそれでも十分ですが、非常に重要な決断をする必要があるときの易占いは占い師に観てもらうことをおすすめします。

易は、自分の問題などの状況やそれらを解決するための指針や具体的な方策、気持ちの面でのアドバイスなどを教えてくれます。

ぜひ、活用してみてください。